Lesson
ビフォーアフター

レッスンの効果

当スクールでレッスンを受講されているお客様のスイングの進化をご紹介します
※ 掲載している画像は全てお客様ご本人より掲載の許可を頂いております。

S・N様

レッスン前 ダウンスイング始動時、腕や手首を主体にクラブを振り降ろしていた為、アウトサイドインのカット軌道になっていました。
レッスン後 腕や手首以外の体の動きを付けた為、クラブヘッド(緑色)がインサイド(赤い線の内側から)降ろせるようになりました。

M・M様

レッスン前 猫背で前傾姿勢の無い、直立に近いアドレスでした。
レッスン後 わずか1回のレッスンで前傾のある綺麗なアドレスに変わりました。

A・T様

レッスン前 振り抜いた後のフォロースルーで左肩が上に上がり、体の回転が止まっていました。
レッスン後 左肩を後方に回せるようになった事で、つかまりの良いボールが出るようになりました。

S・A様

レッスン前 ダウンスイング時に左肩が上に上がる事で、左に体重移動が出来ずダフっていました。
レッスン後 左肩が上から横の動きに変わり、スムーズな体重移動が出来る様になりました。

M・N様

レッスン前 ダウンスイング時にクラブのシャフト(黄色)が立って降りて、赤い線を越えるカット軌道になっていました。
レッスン後 シャフト(黄色)が以前より寝て降りて、クラブがインサイド(赤い線の内側)から降ろせるようになりました。

M・A様

レッスン前 インパクトの瞬間、体の正面で打とうとし、体の回転が止まり前傾が起き上がっていました。
レッスン後 体幹を使ったスイングに変わり、インパクトでは右肩が顎の下に入り、右ひじがたたまれ、両腕の間には水色のスペース(小窓)が出来る様になりました。

M・N様

レッスン前 始動のテークバックが手から動くことで、クラブヘッドがアウトサイド(赤い線の外側)へ大きく出てしまい、上半身の捻転が浅くなっていました。
レッスン後 始動を体の回転から始める事で、クラブヘッドがインサイド(赤い線の内側に)入る様になり、上半身の捻転が増え手打ちが少なくなりました。